歯科治療コラム

歯科治療コラム

唾液検査の必要性

歯科衛生士の鹿野です

今回は唾液検査の必要性ついてお話したいと思います。

「唾液検査」  みなさんご存知ですか?

歯と口の健康を守るには、歯科医院での定期的な健診を通じた
「プロフェッショナルケア」と、歯科医師や歯科衛生士の指導に
基づき自分自身で行う「セルフケア」の両方を合わせて実践していく、「予防歯科」がとても重要です。
きちんとセルフケアを行っているのに、むし歯や
歯周病になってしまうという方も多いかと思います。
そこで注目したいのが唾液の存在です。
「細菌の量」「食生活」「歯や唾液の質」など、さまざまな要因が複雑に絡み合ってできます。

唾液には口の中の食べ物の消化を助け、細菌を洗い流すなどの作用がありますが、健康状態を知るための優れた情報源にもなります。そんな唾液が持つ情報を、歯と口の健康維持に活かそうという検査が、「唾液検査」です。唾液に含まれる成分や菌の数を調べることで、歯と歯茎の健康や口内の清潔度まで調べることができます。
歯とお口の健康を守るには、一人ひとりに合ったケアが大切です。

唾液検査には、唾液の緩衝能やむし歯原因菌の大まかな数をその場で(20分程度)測定するものから、1週間程度の時間をかけ、
歯周病原因菌の種類や数を詳細に測定するものなど、
いろいろな種類があります。

《唾液によってわかること》

唾液を使って、歯と歯茎の健康や口内の清潔度など、
お口の中の状態を検査できることを紹介しましたが、
唾液にはその他にも、私たちの健康に役に立つ情報が含まれて
います。
そのような事例をいくつか紹介します。

・唾液からわかる生活習慣病のリスクを知ることが出来るようになりました。間食頻度や食事の摂り方を少し改善するだけでもむし歯リスクが
グンと下がります

・唾液からわかるストレス
これまで心的ストレスの測定には血液が使われてきましたが、採血が新たなストレスとなり、正確な値が測定しにくいとされてきました。この解決方法として唾液を使ったストレス測定が着目されています。唾液中の消化酵素「アミラーゼ」や糖タンパクの「唾液クロモグラニン(CgA)」は、ストレスがかかると唾液中の濃度が上昇することが知られています。そこで、これらの濃度を測定することでストレスを数値化して定量的に知ることが出来ることが報告されています。

参考文献 LION
http://lionpro.lionshop.jp

唾液検査によって一人ひとり異なるむし歯の原因がわかり、
それぞれに合った予防方法が提案できます。

一番大事な毎日のブラッシングに加えて
一度お口の状態を検査(唾液検査など)、そしてご自身で状態を
把握してもらうことがとても大切なのです。

当医院では唾液検査を無料で行っています
(精密唾液検査は3000円です)
お気軽にお声掛けください^^

ページトップへ