お知らせ

お知らせ歯科治療コラム

妊娠期の歯周病に要注意!

今年も始まりましたね!今年もよろしくお願いいたします。

歯科衛生士の中村です。

今回は妊娠期の歯周病についてお話ししていきますね。

歯周病のひどい妊婦さんは、歯周病菌の影響で、早産や低体重児出産などの

妊娠トラブルの危険性が高くなることが報告されています。

また、母子感染によって乳幼児へ虫歯が移ってしまうことがあり、

虫歯の多いお母さんのお子さんは

早くから虫歯になる危険性が高いと言われています。1

 

妊娠中のお口の中は、生活習慣や体質の変化から、

通常よりも虫歯や歯周病になりやすいのです。

 

 

妊娠中のお口の変化

①つわりによって奥歯の歯磨きが難しくなるため、磨き残しが多くなる。

②少しづつ何度も食事をするため、

口の中で酸性の状態が長く続き虫歯ができやすくなる。

③女性ホルモンが増加して、通常よりも歯肉に炎症が起こりやすく、

「妊娠性歯周炎」を引き起こす。

④唾液の性質が変化して、口の中がネバネバになり、

細菌が活動しやすくなる。

 

お母さんのお口の中を清潔にして、赤ちゃんの歯と健康を守りましょう。

 

ページトップへ