虫歯治療

当院の虫歯治療コンセプト

虫歯治療に関しては虫歯菌を絶対に残さないことを心がけています。日本では、一度治療したところがまた虫歯になってしまうことが多く見られ、虫歯の取り残しが大きな原因となっていると感じています。
当院では、高倍率で歯を直接治療できるマイクロスコープを導入。肉眼だと正常な歯質も削ってしまうことがありますが、マイクロスコープを使えば削る量を最小限に抑えつつ、取りこぼしなく虫歯菌を除去できます。そして、症状が進行している場合も、出来る限り神経をとらずに歯を残すことを心がけています。

マイクロスコープで見る虫歯

  • 肉眼

  • マイクロスコープ

当院は虫歯治療にもマイクロスコープを活用します。
近年まで、歯科治療の大部分をドクターの肉眼に頼っており、そのため不必要に健康な歯を削ってしまったり、逆に虫歯を取り残してしまうなどの問題がありました。
その影響で、虫歯の再発によって本来健康であった歯の神経にまで痛みが出てしまうこともありました。
しかし、マイクロスコープと呼ばれる歯科用顕微鏡の登場により、歯科治療の現場は大きく変わりました。
マイクロスコープを使って肉眼で見えないくらいに大きく拡大することにより、虫歯の悪い部分だけを削り、健康な歯を削り過ぎない治療が可能になったのです。

虫歯の進行状況と治療法

歯医者さんが歯科検診で「C1.C2・・・」と話しているのを聞きませんか?「C1.C2・・・」とは、虫歯の進行具合を意味します。
虫歯には、進行状況とそれに応じた適切な治療があり、これらを誤ると、歯に必要以上の負担を与えたり、治療が長引いたりします。
虫歯の早期発見と正しい治療をすることがとても大事です。

  1. 初期症状が見られる要観察歯(C0)

    初期の虫歯です。
    エナメル質の表面が酸によって白く濁った状態、もしくは溝が茶色になった状態で、いわゆる初期虫歯です。この状態ですと、フッ素を用いたプロフェッショナルケアにて、歯質の再石灰化は期待できます。初期虫歯を削らない、再石灰化へのマネージメントは、その歯の一生において非常に大切です。

  2. エナメル質の虫歯(C1)

    歯の表面やみぞなど限られた狭い範囲が、灰白色や黄褐色、黒褐色に変化します。歯の表面(エナメル質)に穴があいた状態です。 通常、痛みやしみる感じはありません。
    この段階ですと、なるべく削らないMIアプローチで、白い詰め物での修復が可能なことが多いです。

  3. 象牙質の虫歯(C2)

    虫歯が歯の内部に広がり象牙質に達した状態です。甘いものや冷たいものを食べたときに痛むことがあります。
    修復方法は、状態によって口の中で直接白い詰め物をするか、型を取って間接的に修復するかになります。

  4. 歯の神経の虫歯(C3)

    虫歯が歯髄(神経)まで進んでいる状態です。より、激痛が起きる事もあります。
    この状態になると、汚れた歯髄を取る処置、根管治療が必要となります。この歯髄を取る根管治療の良し悪しで、その歯の予後は非常に変わってきます。

  5. 歯の根の虫歯(C4)

    歯冠部(歯肉から上の見える部分)がほとんど壊れ、歯の根っこだけが残った状態(残根状態)です。歯の神経(歯髄)が死んでいると、痛みは感じません。
    この状態になると、根管治療が必要となり、抜歯しないで保存するためには、ひと工夫する必要があります。虫歯の進行によって方向性がかなり変わってきますので、早急な来院が必要です。

    根管治療

コンポジットレジン治療

歯と歯の間が虫歯になったときは処置後、型を取って詰めたり・被せたりと様々な選択肢があります。その際、レジンでダイレクトに詰める方法が「コンポジットレジン」です。メリットとしては、削る量も最小限で済むこと、銀歯などに比べて審美的に優れている点、一回で治療が完了するため患者さんの負担が少ない点などが挙げられます。その分、浸出液のコントロールが難しく、時間と手間がかかりますので、患者さんと相談のうえで治療を行っていきます。

  • 治療前

  • 治療後

知覚過敏
気をつけましょう!

皆さんは「知覚過敏」って聞いたことがあるでしょうか。
虫歯でもないのに、冷たいアイスや飲み物、酸味の強いミカンなどを食べると強い痛みを覚えたり、また歯ブラシの毛先が触れると痛歯がしみて痛い、という症状の多くが知覚過敏です(正式には象牙質知覚過敏と呼ばれます)。
知覚過敏には何かしらの原因があり、放置すると後に大きな問題につながることがよくあります。
放置をせず、一度原因究明の検査を受けにいらっしゃることをお勧めします。

ページトップへ