子どもの歯の治療

乳歯の特徴

乳歯は、生後6〜8ヶ月頃より下顎の前歯から萌出し、3歳頃には生えそろいます。
乳歯は永久歯と比べて、エナメル質の厚みが薄く、柔らかい性質をしています。
また、石灰化度も低いため、虫歯のリスクが永久歯と比べ高く、進行が早いのが特徴です。

子どもの虫歯予防

  • フッ素

    歯質を強化し、虫歯になりにくい歯にします。初期虫歯の再石灰化を促進します。
    レイス歯科クリニックでは、最も高い、フッ素効果の期待できる「トレー法」を行います。

  • シーラント

    奥歯の溝の部分は、目に見えないほど深くなっていることが多く、虫歯になりやすい場所になります。そこで虫歯になる前に、溝の部分に歯を削らずにセメントを流し込み、虫歯を予防する処置がシーラントです。

  • 仕上げ磨き

    お子様が一人で上手に歯を磨けるようになるまでは、保護者の正しい指導や補助が必要です。
    歯と歯の隙間、裏側、奥歯の磨きにくいところなど、健康歯と歯ぐきのためには毎日の 仕上げ磨きが重要です。歯ブラシも、お子様の歯列、年齢、リスクにあった歯ブラシと歯磨き粉を選ぶことが重要です。

歯の予防の重要性

日本小児歯科学会をはじめとするあらゆる研究機関が、3歳までに虫歯があるお子様は永久歯に生え変わっても、虫歯になる確率が高いと発表しています。乳歯の虫歯が永久歯に伝染するというわけではなく、日々の生活習慣や食習慣が永久歯になっても知らず知らず続けられてしまう人が多いという理由です。
子どもの頃からの予防をしっかりすることにより、自分の歯や口に関する正しい知識を身に付け、自立して管理できるようになってもらうためにお子様の予防歯科を推奨しています。歯は一生使い続ける大切な身体の一部分です。
いつまでも自分の歯で食べられるよう、早いうちからしっかりとした生活習慣を身に付けましょう。

よくあるご質問

何歳ぐらいから診てもらえるのですか?
0歳児より、来ていただけます。7ヶ月で歯が萌え始めたらすぐに来ている方もいます。1歳6ヶ月検診での歯科検診後から通われる方が多いです。また虫歯予防以外の口の中の問題(咬み合わせや舌など)も診察いたしますので、特に治療の必要がないと思っても一度ご来院いただくことをお勧めいたします。 お子様が嫌がらないよう工夫を凝らした診療をしておりますので、安心してご来院 いただけます。
診療室に親が入る事が出来ますか?
当院では、診療チェアーのサイドに、付き添いの方の座ることができる椅子を準備しているため、付き添いの方もお子様も、安心して診察を受けることができます。
乳歯は萌え変わるから虫歯治療はしなくてもいいですか?
抜けるから治療が不要というわけではありません。大きな間違いです。乳歯は、ものを噛むこと、正しい発音を助けること、あごの発育を助けるなど大きな役割がいくつもあります。乳歯は虫歯になり早く抜けてしまうと咀嚼ができないために消化不良を起こしたり、偏食を起こす原因になることが起きます。また永久歯へのダメージを与えかねません。
磨いているのに、なぜ虫歯ができるのですか?
歯磨きをしていても、うまく磨けていない部分が必ずあります。当院では歯磨きの指導にも力を入れており、お子様と一緒に歯磨きが上手になるまで練習をします。しかし、虫歯の発症には生まれもった歯の質や虫歯菌の数・唾液の成分など、様々な原因が混在しており、上手に歯磨きが出来ていても虫歯になってしまうことがあります。 その場合、唾液検査によるリスク判定をおすすめします。
歯磨きの仕上げ磨きは、いつまでしてあげればよいですか?
子どもが上手に歯を磨けるようになるまでは続けてあげるのがよいでしょう。特に何歳までするべきだということはなく、当院でも定期検査の際、上手に磨けるよう磨き方練習をします。
おしゃぶり、指しゃぶりはやめさせたほうがいいのでしょうか?
赤ちゃんを泣き止ませるためにおしゃぶりを使うお母さんが増えていますが、少なからず歯並びに影響が出てきます。
常用しているお子様は、使用しない子に比べ前歯の上と下が開いてしまう開咬 (かいこう)が現れる可能性が高くなります。
乳歯が萌え揃う2歳以降も使用すると出っ歯になったり、お口全体の噛み合せの問題も残りますので、おしゃぶりは極力使用しないことをお勧めしております。
ページトップへ