歯周病、歯周再生治療

スウェーデン式の治療プログラム

当院では、歯科先進国のスウェーデンが実施している歯周病プログラム(スウェーデン方式)を取り入れています。
北欧スウェーデンでは1960年代より歯周病の研究が始まり、予防、う蝕治療、インプラント等、歯科の各分野において世界の最先端を担っています。
スウェーデン式の治療プログラムの大きな特徴は、患者さんの治療についてのご希望、生活スタイル、普段のセルフケアなど、より精密に検査を行い、より正しい診断を重視することです。
この正しい診断により、歯周病を治すことができ、そして予防をすることが出来るのです。

歯周病とは

歯周病と歯の周囲の歯周組織が冒される病気です。
自覚症状として、歯肉の腫れや出血などの症状がおきるため、『歯肉の病気』と思われがちですが、実は歯を支えている歯槽骨が溶けてしまう、『 骨の病気』なのです。

サイレント・ディジーズ(沈黙の病気)

歯周病は、重症になるまでほとんど自覚症状が現れない病気です。
このため歯周病は、サイレント・ディジーズ(沈黙の病気)と言われ、本人が罹患したことに気付かず、軽く考え放置してしまいがちです。自分は大丈夫と思っておられる方が少なくないのではないかと思います。
しかし、日本の成人の80%以上が歯周病に罹患しているという確かなデータがあります。
日本では、歯科医院は「悪い歯を治しに行くところ」という認識です。スウェーデンでは、定期健診の学校実施率は80%以上で、「予防」のための歯科医院という概念が定着しています。
この「予防」を目指した歯科医療こそがスウェーデン方式なのです。

歯周病と全身疾患の関連性

実は歯周病は、全身疾患とも大きな関わりがあります。
歯周病との関連でよく言われるのが、「 糖尿病」「心臓病」「早産」です。

糖尿病
歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。実際、糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いという疫学調査が複数報告されています。
さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。
つまり、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになってきたのです。
歯周病治療で糖尿病も改善することも分かってきています。
心筋梗塞・脳卒中
心筋梗塞や狭心症は動脈硬化が原因です。歯周病菌の作りだす物質が血液中に流れ動脈硬化を起こすのではないかと考えられています。歯周病の方は、健康な人に比べ心臓病発症の危険率が2.8倍あるといわれています。
早産
一般に妊娠すると歯肉炎にかかりやすくなるといわれています。
これには女性ホルモンが大きく関わってくるといわれており、特にエストロゲンという女性ホルモンがある特定の歯周病原細菌の増殖を促すこと、また、歯肉を形作る細胞がエストロゲンの標的となることが知られています。
近年、さまざまな歯周病の全身への関与が分かってきました。
中でも妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、低体重児および早産の危険度が高くなることが指摘されています。
研究が進み、今や歯周病は、お口の中だけの病気ではないというのが専門家の共通認識です。
「歯周病=歯を失う」という認識ではなく「歯周病=命にかかわる場合もある」という認識の転換が必要です。

歯周治療の流れ

  1. STEP1診査・診断

    事前にご記入いただいた問診表をもとにお口の状況を確認します。レントゲン診断、歯肉の状態、歯の動揺度、噛み合わせなどをチェックいたします。

  2. STEP2初期治療・再評価

    検査をもとに治療計画を作成。初期段階では、歯石除去などは行いません。ブラッシングなどをメインに行って口腔内の改善を目指します。

  3. STEP3スケーリング、ルートプレーニング、再評価

    ブラッシングでも症状の改善が難しい場合は、スケーラーという器具で歯の表面についている歯石を除去(スケーリング)。より症状が進行している場合は、歯と歯茎の間の奥(歯周ポケット)に付着しているプラークや歯石を掃除していきます。

  4. STEP4歯周外科治療・再評価

    重症の場合は歯周外科治療を行います。代表的な方法として「フラップ手術」があります。局所麻酔を施したうえで、歯茎を切開し、大きくなった歯周ポケット内部のプラーク、歯石、感染組織などを取り除く方法です。

  5. STEP5補綴処置

    治療後、お口の中が改善した段階で補綴処置を行います。義歯や被せ物に関しては、見た目だけではなく咬み合わせも考えて作製します。

  6. STEP6メインテナンス

    治療が完了しても終わりではありません。ブラッシングのチェックや、歯科医院でのクリーニングを継続することで、良い状態をキープできます。是非定期的に健診をお受けください。

  • 正確な診査・診断
  • 再評価による再診断
  • メインテナンス

これにより、歯周病を治すことができるのです。

歯周組織再生療法

歯周病が進行すると、歯を支えている歯根膜や歯槽骨といった歯周組織が破壊されます。
しかし、歯周組織の破壊の程度が局所にとどまっている段階であれば、
歯周組織を再生させる方法を取り入れて歯を残すことが可能です。

エムドゲイン療法

エムドゲイン法は、歯周病によって失われた歯周組織を特殊なタンパク質によって再生させる治療(歯周組織再生治療)です。
1997年にスウェーデンのビオラ社で開発され、副作用もなく安全性の高い治療法として世界中で広く使われるようになりました。
エムドゲイン法は、歯周組織を失った部分にエムドゲインゲルを塗ることで再生を促します。

  1. 麻酔をかけます。
  2. 治療する部分の歯肉を切開します。
  3. 切開した部分の歯肉を部分的に剥離します。
  4. 歯根表面に付着している歯石を除去し、清掃を行います。
  5. 清掃された歯根表面にエムドゲインゲルを塗布します。
  6. 剥離した歯肉を元にもどし、切開した歯肉部分を縫合します。

この治療法は、エムドゲインゲルという薬剤を使用するため、身体への安全性について患者さんからご質問されますが、身体への悪影響はありませんのでご安心ください。
エムドゲイン療法は保険適用外になります。

歯肉再生手術

歯周病治療をすると「歯が長くなってしまう」ということを聞いたことがあるかもしれません。
歯茎が下がってしまっている、痩せてしまっている、いわゆる「歯肉退縮」が気になるという方のために、
当院では歯肉再生手術を行っています。

歯肉退縮の原因

「歯肉退縮」のほとんどは、歯周病が原因で引き起こされます。歯垢や歯石などの細菌や、歯ブラシの刺激、その他清掃器具の刺激にも対応できるほどの歯肉が必要ですが、不足している場合には上あごの抵抗力のある歯肉を弱い歯肉部分に移植する手術が行われます。

歯肉移植術

歯肉移植術としてポピュラーな治療法が「結合組織移植術」です。CTG(connective tissue graft)とも呼ばれている歯肉の治療法です。歯肉が痩せて薄くなっている場合や、抜歯後にできる陥没がある場合には、この治療法が適応されることが多いです。
上あごの口蓋から結合組織のみを採取して、歯肉が痩せている部分の上皮と骨膜との間に結合組織を移植して歯肉を増やします。歯肉の厚みを増加させられるので、歯磨きで歯肉を傷つけるということも避けられるでしょう。

ご不安な点など、いつでも当院にご相談ください。

歯肉再生術 料金表

ページトップへ