親知らずについて

親知らずとは

前歯から数えて8番目に生えてくる歯で、「第3大臼歯」のことをいいます。
他の永久歯が通常13歳前後までに生え揃うのに対して、親知らずは20歳前後に生えてきます。
親知らず(親不知)とは、「赤ん坊の歯の生え始めとは違い、親がこの歯の生え始めを知ることはない。」という由来でこの名前がついたようです。
親知らずが先天的に存在しない場合、生えて来ない場合もあります。

保存か抜歯か早めに診断してもらいましょう

親知らずは必ず抜かなければいけないということはありません。抜かずに保存した方が良い場合も多くあります。
しかし、状態が良くない親知らずは、後にトラブルを起こすので、早めの抜歯が必要です。

  • 抜いた方がいいケース
    • 斜めに生えている場合
    • 歯ブラシが届かないほど、口の奥に生えている
    • 対合している歯が無く、隣の歯より伸びている
    • 歯ぐきに半分ほど埋まっている
    • 隣在歯の虫歯・歯周病のリスクを高める
  • 抜かない方がいいケース
    • 対合する歯がある
    • まっすぐ生えていて、しっかり磨ける
    • 完全に埋まっている
    • 移植歯として使える
    • 矯正すれば、咬合歯として使える

抜歯or保存は自己判断せず、歯科医師の診断を受ける事をおすすめします。
特に移植を見据えた診断をお勧めします。

痛みがある時に我慢してはいけません

現代の日本人は食生活の変化に伴い、顎のサイズが小さくなっているために、親知らずが生えるのに十分な顎の骨のスペースがないケースがあります。 それがトラブルの原因になってしまうことが少なくなく、親知らずによって歯並びが乱れてしまうと、食べカスなどが詰まりやすい一方でブラッシングは届きにくくなり、虫歯や歯周病を招くリスクが高まります。
また、隣の歯とぶつかったり周囲の歯を押したりしている場合も、圧力などにより炎症や歯並びの乱れにつながることがあります。
いずれにしても、親知らずは放っておいても生え方が改善することはありませんので、痛みや腫れ、歯並びの悪化などがあれば早めにカウンセリングにいらして下さい。

抜歯後の注意点

親知らずの抜歯は多くの人が経験することです。
歯を抜いた後は、どんなことに注意をしたらよいのかをお教えします。

抜歯後、2~3日は安静に
歯の抜歯には出血を伴います。かさぶたの状態に なるまでは血が出やすいため、アルコールや運動、長時間入浴などの血行が良く(=出血しやすい)なるようなことは避け、安静にしましょう。
もし血が止まらないようならば、清潔なガーゼやティシュなどを大きく丸めて穴の上に置き、しっかり咬んで圧迫して出血を止めます。抜歯当日は少量の血がつく程度は正常です。
抜いた穴の内部は触らない
絶対にしてはいけない事は、口の中で水をころがし、抜いた穴の中のゼリー状のもの(かさぶた)を洗い流してしまうことです。かさぶたを汚いと思って剥がすと、いつまでたっても治らず、傷口が細菌に感染することもあります。
腫れた時には軽く冷やす
下の親知らずを抜いた時に起こりやすいのが「抜いた後の腫れ」です。こんな時は、軽く冷やすと腫れが引くことがあります。抜いた頬の外側から冷却ジェルシートなどを貼り付けても効果はあります。
1週間以上痛みが続くときは注意
かさぶたが綺麗に出来なかったり剥がれたりした場合は、抜いた穴がなかなか塞がらず、骨の一部分が外から見えてしまったりします(ドライソケット)。
その場合、抗生物質などの薬剤を抜いた穴に投与したり、再び麻酔をしてから穴の中を綺麗にするなどの治療を行ないます。
ドライソケットがひどい場合は、1ヶ月以上も痛みが続く事もあります。完全に予防することは難しいので、抜いた後にズキズキ痛みが続くようなら、すぐに病院で診てもらって下さい。
一般的に親知らずの抜歯は、完全に落ち着くまでに1ヶ月程度、抜歯後の穴が塞がるまでに3~6ヶ月程度掛かります。
ページトップへ