歯科治療コラム

歯科治療コラム

歯周外科治療(フラップ手術)について

こんにちは、歯科衛生士の池谷です。

今日は、歯周外科手術(フラップ手術)についてお話していきたいと思います。

歯周外科手術(フラップ手術)とは、基本的な歯周治療が行われた後に症状が回復しない場合、部位の歯茎を切開し、深い歯周ポケットに残存しているプラークや歯石などを直接目で確認して除去する外科的処置のことです。

八王子レイス歯科クリニック 歯周病のイメージ画像

基本的な歯周治療とは、

・ブラッシングの改善

・口腔内の清掃(プラークや歯石の除去)

・かみ合わせの調整

・マウスピースの作成

などが行われます。この基本的な治療を行っても歯周ポケットの改善が見られない場合は、歯周外科の処置に移行する場合があります。

なぜ歯周外科の処置が必要なのか

プラークや歯石の除去は、まず基本治療で除去していきます。

歯肉より中の方に入ってしまったプラークや歯石の除去は手探りの状態で行われるため、深い歯周ポケットや歯の根っこの部分が複雑な形態などの時に器具が届かず、取り切れない場合があります。

八王子レイス歯科クリニック歯肉より中の方に入ってしまった歯石の除去イメージ

 

プラークや歯石を残してしまった場合、歯周病の改善を妨げたり、病状をさらに進行させてしまう要因になることがあり、最終的には歯を抜かなくてはいけない場合もあります。

なので、歯周病の治療の際には、できる限りプラークや歯石を取り除く必要があります。

 

歯周外科(フラップ手術)での最大のメリットは、歯ぐきの一部分を剥離(切開)して、感染している病巣や原因となっている歯石やプラークを直接見ることができ、直視直達でとり切れなかったプラークや歯石を確実に取り除くことが可能になります。

治療の流れ

おおまかな治療の流れは以下の通りです。

手術といってもそこまで大変なものでは、ありません。

部位や場所によっては短時間で終了しますし、患者さんの負担も少ないのでご安心してください。

 

 

①治療する部分に麻酔をします。

八王子レイス歯科クリニックフラップ施術の流れ 麻酔

②治療する部分の歯肉の切開をします。

八王子レイス歯科クリニックフラップ施術の流れ 歯肉切開

 

③歯肉を開き歯の根っこの部分を露出させます。

八王子レイス歯科クリニックフラップ施術の流れ 歯肉を開く

④歯石を目視下で確認していき、専用の器具を使用して、根っこの部分徹底的に清掃していきます

八王子レイス歯科クリニックフラップ施術の流れ 歯石を目視で徹底洗浄

⑤開いた歯肉を戻していき傷口を縫います。

八王子レイス歯科クリニックフラップ施術の流れ 歯肉を戻して縫う

処置後は化膿止めや痛み止めのお薬を飲んでいただき安静にしていただきます。

 

⑥7〜10日後に糸をとります。

八王子レイス歯科クリニックフラップ施術の流れ 抜糸

 

⑦糸を取ってから3〜4ヶ月後に歯周病の検査を行い再評価します。

歯周ポケットが改善していればその後はメンテナンスに移行します。

 

歯周外科処置後に知覚過敏の症状が起こる可能性がございます。症状が出てきた場合は知覚過敏を抑制する歯磨きをを使用していただいたり、お薬を塗布させていただいたりする場合もあります。

まとめ

歯周外科についてお話させていただきましたが、この処置を行ったからといって、症状が完全に回復するわけではありません。
患者さん自身のブラッシングがしっかり行われないと病状が悪化する場合もあります。

また、患者さんの全身疾患や、歯周病の進行度によっては、歯周外科の処置を行うことができない場合もあります。
ですので、しっかりとした検査や基本的な歯周治療がとても大事になってきます。

八王子レイス歯科クリニックPMTCイメージ画像

当医院では歯科衛生士が歯周治療についてしっかりご説明させていただいております。
ご質問等あればぜひお聞きください。

(Planet DenalX  より画像一部引用)

八王子・西八王子の歯医者 レイス歯科クリニック 歯科衛生士 池谷

ページトップへ