歯科治療コラム

歯科治療コラム

シーラントについて

こんにちは。歯科衛生士の中村です。

今回の歯科治療コラムでは、お子さんの歯を守るための「シーラント」についてお話していこうと思います。

保護者の方なら一度は聞かれたことがあると思います😁。

シーラントというのは、歯の溝を封鎖する予防処置のことです。お子さんの虫歯予防に使われます。

奥歯の溝は深くくぼんでいて、とても虫歯になりやすいのですが、特に生えてから間もない永久歯は、歯も質も弱くて油断をするとすぐに虫歯になってしまいます💦。
生えて間もない奥歯の溝を塞ぐことで、歯磨きでは十分に綺麗にすることが難しい奥歯の溝をプラークなどから守り、奥歯の溝に入り込まないようにして、溝からのむし歯が発生進行することを予防できます👍✨。

 

シーラント治療の流れ

では、当院のシーラントはどのように進めているのかご紹介します😊。

①歯の清掃
ブラシで歯をきれいにします。

八王子レイス歯科クリニックシーラントの進め方、歯の清掃

②お薬の塗布
シーラント材が付きやすいように、お薬をつけます。

八王子レイス歯科クリニックシーラントの進め方、薬を付ける

③シーラント材塗布
特殊な光を当てることにより固形化する液体です。

八王子レイス歯科クリニックシーラントの進め方、シーラント塗布

④光でシーラントを固める
光を照射してシーラントを固め、溝を塞いで終了です。樹脂は白いため目立ちません。
八王子レイス歯科クリニックシーラントの進め方、光をあてて固める

⑤完成🌟

八王子レイス歯科クリニックシーラントの進め方、完成

シーラント後の注意

シーラントには注意していただきたい点もあります。

シーラントの処置をお子さんに行ったからと言って、むし歯にならないわけではありません!
また、シーラントは優れたむし歯の予防方法ですが歯を削って詰めるものと違い、永久的にその効果を発揮するものではないのです。

お食事などでシーラントの一部がかけたり、取れたりするとその場所からむし歯になりやすくなります。
そのため、シーラントの状態を定期的にチェックすることが大切です!!
しっかりとメンテナンスをすれば、シーラントはむし歯予防効果が高い処置です。

まとめ

今回の歯科治療コラムではシーラントについてお話しましたが、シーラントを行ったからといって、溝に汚れがたまらないわけではありません。

毎日しっかり歯磨きをしていなければ、歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間からむし歯になります。お子さんの生えたばかりの歯は未成熟で弱く、その後唾液中のカルシウムなどを吸収して年月とともにだんだん強くなります。
同じ永久歯でも大人とお子さんでは歯の強さが全然違うので、歯の溝をシーラントで守り、歯の質を強くするフッ素なども上手く取り入れたいものです☺。

こちらもご参照ください
レイス歯科クリニック 子どもの歯の治療

八王子・西八王子の歯医者 レイス歯科クリニック 歯科衛生士 中村

ページトップへ