歯科治療コラム

歯科治療コラム

お口の機能の鍛え方とポイント

こんにちは。歯科衛生士の中村です。
今回は、「お口の機能を自分で鍛える方法」についてお話していきます。
噛んだり、飲み込んだりする力が低下すると、食事がしづらくなり、やがて心身の健康にも影響が出るようになります。
毎日を元気で過ごすために、お口の機能を自分で鍛えてみましょう。

飲み込む力をアップし、嚥下障害を防ぐためのトレーニング

①姿勢と深呼吸
リラックスして深く腰掛けましょう。
お腹に手をあててゆっくりと深呼吸します。
八王子レイス歯科クリニック 歯科衛生士コラム お口の機能の鍛え方とポイント|深呼吸する高齢者

②肩の体操
肩をゆっくり上げて、ストンと落とします。
そして、両手を頭の上にあげ、ゆっくりとおろします。
2回ずつやってみましょう。
八王子レイス歯科クリニック 歯科衛生士コラム お口の機能の鍛え方とポイント|肩をまわす高齢者

③首の体操
首をゆっくり前後や左右に倒しましょう。そして、ゆっくり回しましょう。
八王子レイス歯科クリニック 歯科衛生士コラム お口の機能の鍛え方とポイント|首をまわす高齢者

④口の体操
大きく口をあけ「あー」閉じて「んー」と「いー」と「うー」の口の形をします。
八王子レイス歯科クリニック 歯科衛生士コラム お口の機能の鍛え方とポイント|口の体操をする高齢者

⑤頬の体操
頬をふくらませたり、すぼめたりしましょう。
八王子レイス歯科クリニック 歯科衛生士コラム お口の機能の鍛え方とポイント|頬をの体操

⑥舌の運動
舌を前後や左右に動かしましょう。
舌の先で左右の頬の内側や唇の内側を2、3回押しましょう。
最後に、ぐるりと頬と唇の内側を右回り、左回りに2周します。
八王子レイス歯科クリニック 歯科衛生士コラム お口の機能の鍛え方とポイント|頬をの運動

⑦発声練習
パタカラやララリリルルレレロロを繰り返しましょう。
八王子レイス歯科クリニック 歯科衛生士コラム お口の機能の鍛え方とポイント|発声練習をする高齢者

⑧咳ばらい
胸を軽く押しながら、エヘンと咳ばらいをしましょう。

 

お口の機能を鍛えるポイント

①噛む力をつける
食事の時は一口で30回以上噛むことが大切です。
右と左で各10回、両方で10回を目安に意識して噛みましょう。
八王子レイス歯科クリニック 歯科衛生士コラム お口の機能の鍛え方とポイント|噛む力をアップする体操

②飲み込む力をつける
舌をほんの少し出したまま、つばを飲み込みます。
八王子レイス歯科クリニック 歯科衛生士コラム お口の機能の鍛え方とポイント|飲み込む力をアップする体操

③お口の中を清潔に
歯磨きはもちろん、歯がない部分も粘膜ブラシで歯ぐきや舌をみがきましょう。
入れ歯は専用の洗浄剤や歯ブラシを使用し、毎日欠かさずお手入れしましょう。
八王子レイス歯科クリニック 歯科衛生士コラム お口の機能の鍛え方とポイント|入れ歯や口腔内のお手入れ

まとめ

・口が乾いてパンが食べづらい。
・食事中むせることが増えた。
こんな症状があったら、お口の機能が衰えているかもしれません。
お食事前のトレーニングをしてみましょう。

(planetDentalXより画像一部引用)

八王子・西八王子の歯医者 レイス歯科クリニック
歯科衛生士 中村

ページトップへ