自家歯牙移植症例

【症例】左下の親知らずを使用した左下6番への自家歯牙移植

症例情報

自家歯牙移植

治療概要

治療内容 自家歯牙移植
期間 3年
治療回数 1回
費用 150000円

治療前の状態・主訴

かなり前に左下6番を虫歯を理由に抜歯し、ブリッジにしたとのことでした。
歯牙欠損の治療法について説明し、左下の親知らずを左下6番へ自家歯牙移植を希望されました。

治療詳細

欠損顎堤に受給側の歯根形態に相当したソケットを形成し、左下の親知らずを抜歯、移植しました。
移植後、約1ヶ月後に根管治療を行いました。

治療後の様子

移植後3年経過のX線写真です。経過良好です。

主な副作用・リスク

・移植した歯が生着しない可能性もあり、自家歯牙移植は補償制度のある処置ではありません。
・外科手術のため、術後に痛みや腫れ、違和感が出ることがあります。

歯を失ってしまったら、補う方法は4つあります。

何かしらの理由により歯を失ってしまったら、それを補う方法として、ブリッジ、インプラント、入れ歯、自家歯牙移植の4つの選択肢があります。
それぞれ利点と欠点がありますので、それぞれの方法についてよく理解し決定することをお勧めします。

八王子レイス歯科クリニックでは、患者様ごとに適した治療法を複数ご提案して、利点と欠点をご説明しております。

 

八王子・西八王子の歯医者 レイス歯科クリニック 院長 池田 洋之

ページトップへ