審美症例

【症例】右下臼歯部のダイレクトボンディング、セラミック修復

症例情報

ダイレクトボンディング
セラミック
e-max

治療概要

治療内容 ダイレクトボンディング、セラミック修復
期間 14日
治療回数 2回
費用 ダイレクトボンディング 1歯 30,000円(税別) セラミックインレー 1歯 45,000円(税別)

治療前の状態・主訴

右下大臼歯の銀歯の脱離を理由に来院されました。
以前の治療内容に不安があるとのことで、審美的に再治療を希望され、話し合った結果、右下5番はダイレクトボンディング、6,7番はe-maxによるセラミック修復を行うこととなりました。

治療詳細

5番はダイレクトボンディングにより即日修復し、6,7番は同日にセラミックの型取りを行いました。
写真はセラミックの装着時です。セラミックは接着性セメントを用いて装着するため、確実な防湿が必須で、ラバーダム防湿が有効です。

治療後の様子

5番はダイレクトボンディング、6,7番はe-maxです。

主な副作用・リスク

虫歯の状況によりダイレクトボンディングが不適当な場合、間接法に移行します。

審美修復は、適材適所のマテリアル,処置方法の選択が必要です

審美修復のマテリアルには、コンポジットレジン、セラミック、ジルコニアがあります。
処置方法は大きく分けて、直接充填する方法、間接的に型をとり修復する方法があります。
それぞれ、全顎的な咬合や癖などを加味して、適材適所に選択する必要があります。

 

八王子・西八王子の歯医者 レイス歯科クリニック 院長 池田 洋之

ページトップへ