自家歯牙移植症例

【症例】転位している小臼歯の自家歯牙移植

症例情報

自家歯牙移植
根管治療
e-max

治療概要

治療内容 自家歯牙移植
期間 3年経過
治療回数 自家歯牙移植 1回
費用 自家歯牙移植 100,000円(税別)

治療前の状態・主訴

左上奥歯に穴が空いているとのことで来院されました。
左上4番に歯髄腔に達し、歯肉縁下まで進行した大きな虫歯が認められました。左上5番は虫歯にはなっておらず、健全歯でした。
左上5番は口蓋側に転位しており、それによりプラークコントロールが困難であったことが原因と考えられます。
そのため、プラークコントロールしやすい口腔内環境をつくること、大きな虫歯により予後が危うい4番より5番が健全であることから、4番を抜歯し5番を4番相当部に移植する計画を立てました。

治療詳細

移植後約1ヶ月で根管治療を行いました。
感染は無いため、根管充填、支台築造まで1回で行っています。

治療後の様子

3年経過のX線です。経過は良好です。

主な副作用・リスク

・移植した歯が生着しない可能性もあり、自家歯牙移植は補償制度のある処置ではありません。
・外科手術のため、術後に痛みや腫れ、違和感が出ることがあります。

自家歯牙移植は、様々な状況で有効な選択肢となります

今症例では、4番は保存不可能ではありませんでしたが、長期的な予後を考慮し、自家歯牙移植により口腔内環境の改善を行いました。
自家歯牙移植は、様々な状況で有効な選択肢となります。

 

八王子・西八王子の歯医者 レイス歯科クリニック 院長 池田 洋之

ページトップへ