歯内療法(精密根管治療)症例

歯質の切削を最小限に抑え根管治療した症例

症例情報

根管治療

治療概要

治療内容 根管治療
期間 1日
治療回数 1回
費用 根管治療 100,000円(税込 110,000円)

治療前の状態・主訴

右上6番が虫歯により根管治療が必要となりました。

治療詳細

根管治療を開始すると、まだ血流があることから根尖まで壊死しておらず、目的は無菌状態の維持と判断し、即日に根管充填、支台築造(土台)まで行うこととしました。
また、術前のX線から根管の加齢による狭窄を認めましたが、歯質削合をできる限り抑えた根管形成を慎重に行いました。

治療後の様子

即日に支台築造まで、歯質削合を最小限に終えることができました。

主な副作用・リスク

・根管治療後、予後不良の場合は外科的歯内療法へ移行します
・根管治療を行い1年以内に外科的歯内療法を行う場合、外科的歯内療法の正規の料金の半額をご負担いただきます

近年は歯質をなるべく削らない根管治療が可能となってきました

根管治療の目的は、感染源のできるだけ除去することです。そのためには、歯質を削ることを避けることはできません。
しかし、歯質の喪失は歯根破折のリスクを高め、その歯の寿命に大きく影響します。

この二つは矛盾するため、どうバランスをとるかの臨床的判断が重要です。
また、安全でエラーの無い根管形成をするためには、それ相当の歯質の削合(歯を削ること)を必要とします。

しかし、近年は器材の進化により、歯質の削合をかなり抑えることができるようになりました。
技術的に難しく、術前の慎重な検討と歯科医師の技術力が大きく影響するでしょう。

 

八王子・西八王子の歯医者 レイス歯科クリニック 院長 池田 洋之

ページトップへ