歯内療法(精密根管治療)症例

Category

根管治療が奏功せず歯根端切除術を行い、セラミック修復した症例

マイクロスコープを使ったモダンテクニックによる歯根端切除術の成功率は90%以上です

根管内に破折器具、歯の内部にパーフォレーションを認めた症例

破折器具の除去の方法は複数あります

当院の池田院長が歯科医師向けの本を執筆しました

【症例】根管外に材料が溢出している症例の根管治療

根管外に溢出した異物は、根の先の病気の原因ではありません。

【症例】根管治療から歯冠修復までの流れ

根管治療を行なった臼歯は、咬頭被覆による歯冠修復により歯牙破折を予防します

【症例】根尖病変を認める永久歯に生活歯髄療法を行った症例

生活歯髄療法(部分断髄)の成功の鍵は、慎重な診査・診断です。

【症例】転倒により前歯を破折し歯髄が露出した歯の生活歯髄療法

歯髄を保存することは高い価値があります

【症例】歯根破折の歯を外科的歯内療法により保存

歯根破折には様々なパターンがあります

【症例】診査、診断の重要性、困難性がわかる症例

X線のみでの診断は、誤診の原因となります

【症例】他院にて歯に穴が空いていて、病気が大きいとの理由で抜歯宣告された歯の保存

病変の大きさ、パーフォレーションの存在は治療の意思決定に大きな影響はありません

ページトップへ